2006年4月19日 (水)

知ってますか?水子供養 β(□-□ ) フムフム

暗い話じゃないので、
気軽に読んでってくださいませ(^◇^)ノ

色んな理由で流産中絶を経験している人が
けっこう周りにもいると思います。

みなさん、供養してますか?
供養について私が知ってることをちょっと書きますね(*^-^*)

どこのお寺でも、お願いすれば水子供養はしていただけるとは思いますが、事前に調べた方が良いでしょう。
今はHPを持ってるお寺もたくさんあるので、是非検索してみてください(〃⌒ー⌒〃)
私もネットでいろいろ検索して、地元で水子供養をしているお寺を見つけました。

私が水子供養で準備したもの
お花(中くらいの花瓶2つに入れる分)
お供物(赤ちゃんが食べるようなお菓子・飲み物・果物) お子様せんべいや、ヨーグルト、チョコ、バナナ、いちご等を持っていきました。
お布施(お寺によって金額差があります。5千~3万円くらいまで)↑お寺に連絡する際、聞くのが一番です。私はお寺の人に5千~1万円くらいと言われ、5千円×2(私と主人の分)で1万円包みました。お寺によっては、お守りなどをくれるところもあるようです。

お菓子などを入れるカゴも買って持っていったのですが、使いませんでした。そのままお寺に置いてきましたけどね。

お布施を入れる封筒は、不祝儀袋(白黒帯)で、「お布施」と記入。
白地の封筒でも良いらしいです。
そこそこによって違いがあるかもしれませんので、私の経験上ということをご了承くださいm(_ _)m

実際お寺での所要時間は、30分くらいでした。お供物・お花を住職さんに渡し、あとは、水子の命日(流産した日)と自分たちの名前を伝えます。お経の中で、自分たちの名前と命日を言ってくれますので。
水子が他にもいるときは、一緒に伝えておくと良いでしょう。

お経でもって供養が終わり、住職さんから暖かいお言葉をいただいて帰ってきました。

お経やお布施などにこだわらず、いつでも気軽に水子供養ができるところもありますので、自分に合った供養をしてあげると良いと思われます(*^-^*)

供養をすると気持ちがだいぶ違うと思うので
何かしらの形で供養をしてあげましょう(*^-^*)

ほかに何かご存知の方、
また、質問などありましたら
気軽にどーぞです(⌒∇⌒)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

知ってますか?保険がおりるって。パートⅡ♪

みなさん、ホントにホントに
もらうもんはもらいましょー 〃^∇^)o_彡

稽留流産手術って、
保険がおりるんですよ!パートⅡ♪

今月8日にも書きましたが…。
もう一社の保険が今日、戻ってきました\(*⌒0⌒*)/

おさらい:入院&手術にかかった費用は、
1泊2日(個室)、2食付(夕飯&朝食)
23,095円。

先日、最初の一社から戻ってきた額は、58,000円でしたね。
(内訳:入院費4,000円×2日分、手術共済金が50,000円)

今回戻ってきた、もう一社からの額は…
なっ!なんとっ!!!

230、000円!!!w(°0°)w オォー
内訳は 入院費10,000円×2日分、女性疾病10,000円、
     手術共済金が
200,000円!!!

すごくないっすか!?
(この保険は、親がかけていたものだったため、保険金は親へ返すことにしてますが、マジすごいですよね。)

だから、みなさん、ちょっとのことでもめんどくさがらずに、
保険の手続きをきちんとしましょうね (゚∇^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

知ってますか?保険がおりるって。

みなさん
もらうもんはもらいましょー (^◇^)ノ

稽留流産手術って、保険がおりるんですよ!
知ってました?

手術自体、保険が効いてるから費用ってそんなに高くないんですよね中絶だったら保険がきかないから手術費用が10万くらいかかるのですが、稽留流産手術の場合、2万5千円くらいなんです。(病院にもよるかも)

私の場合、1泊2日(個室)、2食付(夕飯&朝食)23,095円でした。で、私は2社の保険会社に保険をかけていて、2社とも保険がおりるんです。1社はもう保険が戻ってきました。
その額、58,000円 (〃⌒ー⌒〃) 内訳は、入院費4,000円×2日分手術共済金50,000円でした。
これって助かりますよね (⌒∇⌒) 
通院費は適用にならない条件だったため、このぶん保険が戻ってくると、術後の通院費にもまわせますよね。

めんどくさがらずに、今後のためにも
保険の手続きはきちんとしましょうね (゚∇^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

知ってますか?稽留流産手術。術後編。

昨日はブログ書けず、今日へ<(。_。)> 引き続き、
暗い話じゃないので
気軽に読んでって下さいね (^◇^)ノ

術後一泊し、翌日には退院。
朝食を食べ、朝一で検診を受け、特に異常が無ければその日に退院できます。ただし、
無理は絶対禁物。一般的な術後の生活については

シャワーは翌日から 軽い家事も翌日から 仕事は出血が止まる頃7日目以降から 入浴も同じ 性生活は14日目以降から と言われました。

出血は一般的に一週間~10日くらいで止まるみたいなんだけど、私の場合、なっなんと、2週間以上も出血が続いていました Σ( ̄ロ ̄lll) だから、上記のことがほとんど当てはまらず、ひたすら安静にしてる日々が続きました (o_ _)ノ彡 少し出血がおさまったかなと思って動き出すとドッと出るんだよね ( ̄▽ ̄;) だから、とんど動けずにいたかも。病院の先生にも「出血まだ続いてるの!?長いね~」(ー_ーメ) 術後の経過が治りにくかったみたいです。

術後の生理は、一般的に30~40日くらいで始まるそうです。
私は46日目。
ちょっと遅め。プロラクチンの心配もあって、生理こないんじゃないかと思ってたから(T-T)

そうそう、昨日、病院でした。
プロラクチン下がってたの~ v(⌒o⌒)v
でも、しばらく様子を見ないといけないらしく、テルロン錠(薬)を飲み続けることに ( ̄ロ ̄lll) 止めたらまた上がる可能性があるからだって。妊娠もすぐにOKは出なかった ( ̄_ ̄;)

いつ子供が授かることか………待ってるぞ~! (^◇^)ノ
んで、最近の楽しみは、
モデルルームめぐり&土地探しです\(*⌒0⌒*)/

家を建てる上での参考意見もお待ちしてま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

知ってますか?稽留流産手術。当日編。

昨日に引き続き
暗い話じゃありませんので
気軽に読んでってくださいね~ (^o^)/

稽留流産手術は、私の場合、直前まで記憶がありました。
「痛ぁーっ!!」と思ったら、記憶がもう無いの (^^;)あはは。

昼すぎからの手術だったので、朝一、9時から入院。んで、すぐ診察を受け、なにやら子宮の様子が……。「薬塗ってますから~」とだけ言われ…←超寡黙な先生なのよ。…安心してたら、急に激痛(+~+;)

子宮が痛いんだけどぉーーー!!

子宮口を開くためのスポンジが入ってるらしい。手術前から痛みを味わうなんて (;_;)  安静にしててといわれベッドに横になるも、痛みが気になって寝れやしない。そのまま昼まで待機

周りからは美味しそうな昼食の臭いが。クンクン。
私、昨日の9時すぎから
何も食べてないんですけどぉーーー!!!
おなかが鳴ろうとも、水分も飲んじゃいけないのさ (T_T)

時間が予定よりずれ、ようやく手術室へ......
.しかも徒歩で。マジっすか。
手術台の上で、点滴やらいろんなもんくっつけられて、先生待ち。
しばし、看護婦さんと和み、先生がくると、静脈麻酔を打たれます。一応全身麻酔に近いらしいが、中には緊張しすぎて、眠りの世界に行かない人もいるらしい (>_<) 記憶があるのもこわい。「最初だけ痛いですからね」と看護婦さん。

「痛ぁーっ!!」

ふと気付くと、時間が一時間以上たっていた。

きちんとパンツをはかせてもらった状態で行儀よく寝ていた (^^)
手術時間は約10分
全く記憶なし。意識はまだモウロウ (+_+?)
しばらくそのまま台の上で休んでから病室へ…
また徒歩で。マジっすか。
フラフラしながら、病室へ(個室です)。

腹が減っても、夕飯まで待たなきゃいけなかった。
これがつらかった (-_-;)
ダンナさんが心配してくれて、ここぞとばかりに優しかったのは良かった (^_^)v

この日はありえないくらい出血しました (*_*) もともと何でも出血多い人なので。夜用ナプキンを2~3個用意してといわれてたけど、私は5個!!全部使いきったもん。それほど出血しました。痛みは激痛じゃないから大丈夫でした。

この日はバレンタインデー。
この日、生まれた子が同じフロアの新生児室に。夜鳴きが夜通し聞こえてきたけど、赤ちゃんの鳴き声がとても心温まりました。
私の泣きっ面を、微笑みにかえてくれる、そんな泣き声でした。
(寝不足になったけど^^;)

明日は術後についてのことを書きたいと思います m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

知ってますか?「手術する流産」。

暗い話じゃありませんので、
気軽に読んでって下さいね (^-^)/

流産って意外なことが多いんですよ。

流産するときって、突然出血したり、痛みが襲ってくるもんだと……。
でも、実は、違う形の流産も存在するのです。

私は「稽留流産(けいりゅうりゅうざん)」でした。
流産のイメージって「出血・腹痛・赤ちゃんが出てくる」ってものでは?

「稽留流産」は、出血も痛みもありません。
ただ、ほおっておくと、上記のような症状にたどりつきます。
「稽留流産」の場合は、子宮の中ではすでに赤ちゃんの成長がストップしていて、生きていない、もしくわ、成長の見込みがないと判断されます。痛みも出血もないまま「流産」と判断されるのだから、正直受け入れるのに時間がかかります。そういう女性の気持ちを配慮して、病院によっては、徐々に「流産の可能性」を伝え、心の準備・整理ができるよう時間を与えてくれるところもあります。

私の通っている病院もそうでした。
おかげで素直に受け止めることができました。

「稽留流産」の場合は、手術をしなければなりません。
子宮の中に赤ちゃんが残ってますからね。自然流産がいつ襲ってくるかわからないし、子宮の中に放置しておくと、病気を招く危険があるからだそうです。
「手術をする流産」があることを、このとき初めて知りました。

流産だと知ったとき、「幸せ」から一気に「深い悲しみ」を感じてしまいます。でも、
必ず、立ち直るときがやってきます。
「流産してでも宿った命」に感謝できる日が
必ずやってきます。

だから、悲しんだり悩んでばかりいないで、
一緒にあきらめずにがんばっていきましょうね (^-^)v

今回は真面目に書きすぎたかな? m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

病院はお早めに m(_ _)m

流産すると、あれこれと原因を気にしたり、後悔をしてしまうんですよね (T-T)

後悔しないためにも、妊娠を少しでも希望する人は、病院に行ってみることをお勧めします m(_ _)m

「まぁ、そのうちできるだろう (・_・)/ 」と、私はの~んびりしていました。「自分は流産しないだろう」なんて思っていましたからね。

基礎体温は早めに付けていたのですが、生理周期が毎回バラバラであろうとも、さほど気にすることもなく、月日がだいぶ流れ……。

ある日、私の生理不順を知っている友達から「いい加減、病院行きなさい!」と電話が。

先生「卵巣機能が低下しています。妊娠しにくい状態です。」

私  「………」 ガーン ガーン ガーン ......(T-T) (←心の音)

だから、妊娠を希望する人がもしこのブログを見ていたら、

明日、病院に行ってください m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

初!!!ブログ。

はじめましてm(_ _)m  ブログデビューしました。

妊娠・出産を目指し、婦人体温計を毎朝口にしている私(-o-;)

気付いたら「朝飯前の体温計」は早一年が過ぎ…… (T-T)

妊娠に向けての検査から始まり、

療→妊娠!→流産(手術) ガーン ガーン.....

そしてまた治療の日々を過ごしています。

今までの経験と、これからの経験が、このブログを見ている人のお役に立てればと思っています(^o^)/~ 

(私自身にもアドバイス頂ければ嬉しいです)

悩み楽しみに変えて

一緒に妊娠・出産を目指しましょう(^ー^)v

予告:高プロラクチン血症、子宮卵管造影検査、流産手術、水子供養

     などなど記述していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)