« 記憶が…… | トップページ | 知ってますか?稽留流産手術。当日編。 »

2006年4月 4日 (火)

知ってますか?「手術する流産」。

暗い話じゃありませんので、
気軽に読んでって下さいね (^-^)/

流産って意外なことが多いんですよ。

流産するときって、突然出血したり、痛みが襲ってくるもんだと……。
でも、実は、違う形の流産も存在するのです。

私は「稽留流産(けいりゅうりゅうざん)」でした。
流産のイメージって「出血・腹痛・赤ちゃんが出てくる」ってものでは?

「稽留流産」は、出血も痛みもありません。
ただ、ほおっておくと、上記のような症状にたどりつきます。
「稽留流産」の場合は、子宮の中ではすでに赤ちゃんの成長がストップしていて、生きていない、もしくわ、成長の見込みがないと判断されます。痛みも出血もないまま「流産」と判断されるのだから、正直受け入れるのに時間がかかります。そういう女性の気持ちを配慮して、病院によっては、徐々に「流産の可能性」を伝え、心の準備・整理ができるよう時間を与えてくれるところもあります。

私の通っている病院もそうでした。
おかげで素直に受け止めることができました。

「稽留流産」の場合は、手術をしなければなりません。
子宮の中に赤ちゃんが残ってますからね。自然流産がいつ襲ってくるかわからないし、子宮の中に放置しておくと、病気を招く危険があるからだそうです。
「手術をする流産」があることを、このとき初めて知りました。

流産だと知ったとき、「幸せ」から一気に「深い悲しみ」を感じてしまいます。でも、
必ず、立ち直るときがやってきます。
「流産してでも宿った命」に感謝できる日が
必ずやってきます。

だから、悲しんだり悩んでばかりいないで、
一緒にあきらめずにがんばっていきましょうね (^-^)v

今回は真面目に書きすぎたかな? m(_ _)m

|

« 記憶が…… | トップページ | 知ってますか?稽留流産手術。当日編。 »

コメント

(^ー^)ノ"コンバンハ♪
タグふれにカキコ☆⌒(*^-゜)v Thanks!!でした。
この日記を読んでついついこちらにカキコしちゃいましたっ。
実は、私「稽留流産」で2月に手術しました。すこし様子を見たりしたんですけど結局、お腹の赤ちゃんは育ってなくて・・・、次の子を考えたら早めに処置したほうがいいといわれて・・・。手術後は、悲しくて泣いていましたけど・・・、実家で一週間ゆっくり過ごしていたら、前向きに頑張ろうって気持ちになり、今は元気になりましたよ。^^
さとっちさんも前向きに頑張っていきましょ~ね。^^
これからも仲良くしてくださいね~。^^

投稿: ちょろ | 2006年4月 5日 (水) 01時11分

コメントありがとうございます(^^)
同じ経験をしている人ってけっこういることでしょう。
あまりおおやけにならない話だから、みんな内に秘めちゃうのでしょうが、後ろめたい話ではないので、励ましあって強く生きていければ良いなぁ~と思います(^^)/

投稿: さとっち→ちょろさんへ | 2006年4月 5日 (水) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76095/1283349

この記事へのトラックバック一覧です: 知ってますか?「手術する流産」。:

« 記憶が…… | トップページ | 知ってますか?稽留流産手術。当日編。 »